雨のしくみなどについて勉強していました

空気などについて稽古しました。氷の粒がどっさり成長して重くなると、発展気流でささえきれなくなって落下し、優しい下層でとけて多雨になります。そういった多雨を白々しい多雨(氷晶多雨)といいます。これから1つの多雨は、熱帯故郷や夏季の間緯度故郷に見られるもので、温度が0℃以上で、氷晶を含まない雲からたたきつける多雨だ。凝結核に大小があると、雲粒にも大きな売り物とちっちゃなものができます。雲が気流の崩れの中で発展や激減をくり引き戻すうちに、落下ステップの隔たりから雲粒の大きな粒がちっちゃな粒をずっととらえて雨粒に成長します。そういった多雨を温かい多雨といいます。水滴は0℃以下になってもどうにも凍らずに過アイシングとよばれる状態にあることが多いです。日和の変貌を割り出す空気の行動やる気のもとは、明かりとして地球に訪ねるお天道様放散やる気だ。このようなことを覚えましたが、知っていたことや思い出深いなと思ったコメントがありましたが、中には知らなかったこともありました。ミュゼ 300円 キャンペーン

雨のしくみなどについて勉強していました