紙乗員の私の毎日だ。いよいよモデル無しでも家計できてある。

自身は用紙乗員だ。
ライセンスをとったのはハイスクール卒業の状態で、ライセンスを取るまえから自家用車の移動をするのが不愉快だったのですが、身の回りに「運転してみたら好きになるかもよ」って言われてそうかなと思っていたのですが、そうでもありませんでした。
もう一度自家用車アカデミーに出向くのが不愉快でいやで。
こんな地位だったので当然チャレンジも何度も落ちて、そのたびに再び移動が不愉快になっていきました。
すでに前世でなにかあったんじゃないかというぐらい、自家用車の移動が不快のです。
だから今はもう用紙乗員歴が10時期以上になってしまいました。
でも今は幼児が酷いので、なにかと自家用車が必要なのですが自家用車の移動を断ち切る生活をしています。
でもかなり不便な場所にいるので、力添えセンターにいったり買い物に行ったりするにも徒歩ではいけません。
天候がよければ自転車に乗って出掛けますが、天候がやばいお日様や冬は家であかすことも多くあります。
だから、自家用車を持ってる身の回りが遊びに来て受け取るのは大ウェルカムだ。
幼児が急に熱情を出した頃などは自家用車があると良いなぁと思いますが、月に何回もあることではないのでタクシーを利用したりしています。
いつかは自家用車の移動をしなきゃなぁとは思っているのですが、依然移動の進歩を講じるお日様は遠そうです。http://www.kingsgroup.jp/

紙乗員の私の毎日だ。いよいよモデル無しでも家計できてある。