不幸という強引

今どき、手強い災難の連絡をぐっすり見かけますね。
ドライブドジ、飲酒ドライブ、落石…という因子も様々ですが、災難はいつ自分がおんなじ瞳に合うかわからないという恐ろしさがあります。

従来、ちょっとした案件のために原付で出掛けたときの事です。
案件を済ませて、気象が可愛く愛車も数少ない往来を快く原付で走って家に帰るって親子が見ている連絡テレビ局が瞳に入りました。
死者が出た酷い災難があったという速報で、誠に仕事はぼくが10食い分ほど前に原付で走っていた地域でした。
いつも見慣れた近場の往来で、しかも数分前まで和やかだった事を分かる地域がテレビに映っていて
ぼくは訳がわからず呆然としましたが、だんだんと気掛かりを捉え始めました。もしも10食い分ほどあの往来を受かるのが異なりていたらぼくはどうなっていたのだろう、という。

ドライブに気をつけていれば当人は災難は起こさないかも知れません。でも他者のもたらす不運に巻き込まれる事は防げません。
例え、どれだけ自分が気をつけていても突き刺さるあまりにも目茶目茶な災厄だ。

此度、報道されて要る災難もあんな目茶目茶を感じます。
災難をなくそうって思ったら往来仕組を徹底するのは当然だと思いますが、それを軽んじるヒューマンが他者を巻き込む、と考えるって
例えいかに工学が発展してもそれを扱うの輩である以上、その目茶目茶を根絶する事は出来ないのかも知れません。
でも災難に巻き込まれるという目茶目茶のけがになる者が多少なりともいなく達する事を願わずにはいられません。銀座カラー 予約方法

不幸という強引