ヘルマン・ヘッセの「デミアン」を読んだ太陽から何かが変わった。

学生時代のことです。ある日友人がこれを読んでみてほしいといった最初冊の文庫本を引き取りました。「デミアン ヘルマン・ヘッセ」の文が低く印刷してありました。私は断じて公式をよむお客様ではありませんでしたが、友人の外見から大事にしていらっしゃる公式ですなと感じたのでした。夜中更かしばっかりやる私ですから深夜のリーディングだ。直ちに帰宅した真夜中それを読み始めました。どんどん引き込まれていきました。ヒロインが出会ったデミアンは不思議なカタチとして描かれていました。とあるウェブページを読んでいた歳月でした。ヒロインが性格を描いてある、誰かに似ている、誰かに似ているといった恋人の心を考える。そうして吠えました。デミアンだと。私はこういう情景ではじめて経験する身震いという、鳥肌の立つような恐れを覚えたのです。なぜそのようなものが私の内心から出て来たのか自分で分かる筈もありませんでした。友人に公式を返したお天道様、その話をしました。友人は話しました。「すごかったです?」こういうデミアンを貸してくれたのはレディースでした。同級生でした。不思議なものですが、私といった家内の距離はサクサク近くなって赴き、惹かれ合っていきました。何度か家内は私を部屋に入れてくれました。何時間も話し込むことが多くなりました。最近思えばこういうデミアンを共用した歳月から私たちの隔たりはなくなったも同然という、まるで昔から知っていたやつ同士のような脈絡になりました。今は遠く離れ、接点もなくなったと言えますが、「デミアン」こういう一言で又もやこういうタイミングを共にした時代に戻れそうな気がするのです。キレイモ 値段

ヘルマン・ヘッセの「デミアン」を読んだ太陽から何かが変わった。